巻き爪の主な原因とは

巻き爪の主な原因とは

 

足の親指の爪が、横に巻いていってしまう巻き爪。

 

放っておくと、痛みを伴う、辛い状態になってしまいます。
そんな巻き爪。

 

なんと日本人の約10人に一人が抱えているという悩みでもあるのですよ。

 

巻き爪は、無理なハイヒールを履いたりする機会の多い、若い女性に多いとも言われていますが、最近では、あまり歩く事のないお年寄りにも、巻き爪の症状がみられます。
誰もがなる可能性のある病気、巻き爪。
そんな身近な巻き爪の原因を探ってみましょう。

 

巻き爪の主な原因は、先に述べたように、ハイヒールなどの先が細い靴を履き続ける事によって、足の指が無理な形に変形してくる事があげられます。

 

その他の巻き爪の原因としては、靴が足にあっていない。

 

小さすぎる、または大きすぎる場合にも、巻き爪になってしまう事があります。

 

また、爪の切り方が、巻き爪の原因になってしまう事もあるのですよ。
爪を切る時に、白い部分が残っていると嫌。
という人も多いのではないでしょうか?
しかし、そうやって深爪ぎみに切っていると、巻き爪になってしまう可能性が高くなります。
巻き爪を防ぐためには、すこし爪の白い部分を残して、切る事が大切ですよ。