実家の犬のこと

実家の犬のこと

今日は実家に宿泊しました。
といいましても、実家から我が家までは徒歩5分ほどなのですが。が、久しぶりに泊まるということで、私が以前使っていた部屋が荷物に埋まっていたため使えず・・・東京に上京して空いた妹の部屋に布団を敷きました。
すると、実家で飼っている4歳の柴犬(メス)がやってくるではありませんか。
稲荷のような色をして、ムクムクしたその姿。ちなみに名前も「ムク」といいます。
その犬が、のっそのっそとやってきて、私の敷いた布団の上でぐるぐる回り、足場を確保するとぽすんと丸まって横になりました。
「なにしてんの?」
と、犬に対して人間語使いましたけど、ムクもわかっているのか目を上にちろりと向けて、
「寝てんねん」
というように、目をぱちくりさせました。
両親に話を聞くと、この犬は毎晩のように人の布団に出入りしてるそうな。
「朝起きたらいつのまにかいるのよね、」(母)
「夜中に壁をカサカサして、扉を開けて来るんだよ」(父)
この犬は、もしかしたら自分は人間だと勘違いしているのかもしれない。そう、思う、家族です。